オロドウ日記

ゲーム、ビジネス、企業関連、ガジェット中心のブログ

第二のタカタ?神戸製鋼

まじでどこまで損害が大きくなるのかな?

 

f:id:cakari:20171010230938j:plain

概要

国内大手鉄鋼メーカーの株式会社神戸製鋼が10月8日生産するアルミ製部材についての強度など顧客が求める品質基準を満たしておらず、品質証明書を改竄していたと発表しました。品質検査に関する証明書を改竄したのは長府製造所、真岡製造所、大安工場など4事業所。昨年9月から今年8月末までで強度や寸法などのデータを偽装。以下が公式発表の対象物。

主な製品:アルミ板、アルミ押出品、銅板条、銅管及びアルミ鋳鍛造品

出荷期間:2016年9月1日~2017年8月31日数量等 :アルミ製品(板、押出品) 約19,300t
銅製品(板条、管)    約 2,200t
アルミ鋳鍛造品      約19,400個

 

www.kobelco.co.jp

会社側は不正について公表。品質検査に関する証明書のデータ改竄は10年前から行われていて、常態化していたようです。管理職級を含めて数十人が関わった組織ぐるみの不正。航空関連メーカーやトヨタ自動車など供給先は多岐に渡り、200社に及んだようです。JR東海は新幹線の台車部品の一部など神戸製鋼製のアルミ製部材を採用しているが、現行に支障はないということで、問題があれば交換対応するようです。トヨタや、ホンダなどの車にも使用されていましたが、安全性の確認を国交省に要請されました。

法律上問題がなく、日本工業規格が定める基準には問題ないということが救いと思えますがおそらく何かしらの指導、あるいはそれ以上のものがくると思います。

供給先の対応

不正発覚後も神戸製鋼は問題製品の出荷を停止するも是正後順次製品の出品を再開。しかしながら出荷量は落ちているようです。他社の代替生産にするのも検査、認証にすこし時間がかかるようで、供給先のサプライチェーンは打撃を受けたと言わざるを得ないと思います。

影響の範囲

神戸製鋼の10日の株価は当然ながらストップ安です。この件の問題点は影響がどこまででるのか不明な点です。タカタの場合は車業界のみということでしたが、アルミという部材なので影響は大きいです。最悪の場合リコールが発生し、損害額は甚大なものになります。逆にリコール等が発生しなければ違法性もなさそうなので、指導だけで済むかもしれません。まあ、信頼がマイナスになってしまったので、失った顧客を取り戻すのはいつになるのやら。特に鉄鋼関連は固定費用が高そうなので、売上のマイナスだけで相当なダメージになると思います。

個人的な見解

ここからは私の意見ですが、おそらくこれだけで済むとは思えないです。数十人関わった組織ぐるみで改竄が常態化していたところを見るとこれだけでは済まないと思います。企業風土そのものが悪化していて、コンプライアンス違反が企業全体に蔓延してるのではないでしょうか。これから過去も調査するということですが、どうなることやら。

 

多分これだけじゃ済まなさそうだな・・・

f:id:cakari:20170503114014p:plain

組織ぐるみで改竄していたとなると

まだ出てくる可能性はあるな

f:id:cakari:20170505135224p:plain

          どうする動画の準備する?

f:id:cakari:20170503002021p:plain

まだ何も出てねぇだろ

 

 

フォローする