オロドウ日記

オロドウ日記

ゲーム、ビジネス、企業関連、ガジェット中心のブログ

ラオスのダム決壊は天災?人災?

昨日、しくじり企業をYoutubeで先行してアップしました。


【ゆっくり解説】しくじり企業 Chapter18 ~北海道拓殖銀行~

予想外に長くなってしまいました。何度も分ければ良かったと悔やみました・・・。夏でYoutube全体のトラフィックが多いせいかかつてないほど伸びてます。ただ、バズるというほどではないですがね。拓銀の補足についてはまた後日。

今回はラオスで大規模な災害があったので、これについて書きたいと思います。

f:id:cakari:20180728123719j:plain

ラオスのダム決壊

2018年7月23日にラオスのアッタプー県にあるセーピアン・セーナノイダムが決壊しました。27日時点で死者27名、行方不明者131名、避難した人は7000人以上、7つの村を飲み込むという甚大な被害がでました。

www.nikkei.com

この被害に対して、韓国の文在寅大統領が救援隊を早急に派遣しました。なぜ韓国がと言いますと、この建設を請け負っていたのが、韓国の財閥SKグループの参加にあるSK建設でした。

ラオスになぜダム?

このダムは元々収入の乏しいラオスに水力発電用の大型ダムを建設して、外貨を獲得する手段にする予定でした。タイ、ラオス企業が合弁会社を設立して、26%を出資するSK建設が筆頭株主でした。2019年の商業運転を目指して13年11月に着工。工事の進捗率は92.5%と完成間近でしたが、決壊したとのことです。総工費はおよそ12億ドルとビッグプロジェクトでした。

中国や韓国が救助対応しており、タイも支援に加わるという大規模な救助活動をしています。しかしダム建設をしているところだけに場所が奥地にあり現地にはヘリなどでの移動など活動が限定的になって、救助が難航している模様です。27日現在でも3000人が避難できずにいるという悲惨な状況です。

www.bbc.com

早期の救出と復旧されることを願います。

見解の相違

復旧後は大きくもめることになりそうです。ラオスのエネルギー相は「基準に満たない建設が原因」で災害補償は全て建設会社が負うと「人災」を主張。建設を請け負ったのSK建設はこの工事はモンスーン・シーズンによる豪雨が原因として「天災」を主張しています。

www.nikkei.com

復旧完了後にこれらのことはとことん言い争えばいいと思いますが、今はなにより救助が優先だと思います。ニュースも国際系のニュースやネット系のニュースのみとえらく限定的になっております。

SK建設

ネットで情報を見てみると韓国国内で人災だった場合SK建設が保障しきれるのか?という議論もあるようです。保障ができないのであれば、韓国政府としては国際的なプロジェクトで東南アジアの外交戦略上、政府がSK建設を助ける可能性もありますが、近年財閥への風当たりが厳しいだけに、国民感情が許せなくてできない可能性もあります。

調べていて一個気になったのが、日本のマスコミは大雨による増水のためにダムが決壊しましたとしか発表してなくて、ねつ造と言われておりますが、公式発表が少ないから、それ以上のことを言えないのでは?と思っております。ラオス政府も情報をあまり出していないようですので。CNNなど世界中に情報網を持っているソースは信頼できますが、中にはフェイクニュースをつかまされている可能性もあります。

時間が経てば自ずとわかると思いますので、正しい情報が出るまでソースがない情報は拡散しないほうがいいと思います。

SK建設の動向は気になるので、もし進捗があれば共有します。

 

これ相当やばそうだな。数日経った今でも

全容が把握できてないんだろ?

f:id:cakari:20170510002056p:plain

こういう時にフェイクニュースなどが出やすいので

慌てず確度の高い情報を選別しよう。ネットニュースを

信じるかは自分次第だからな

f:id:cakari:20170510002059p:plain

          このサイトは・・・

f:id:cakari:20170515233101p:plain

 いっそひと思いに言ってくんない?

フォローする